食の歳時記|志賀高原でおいしい食事が堪能できる旅館|ホテルタキモト

  • キュイジーヌ
  • 食の歳時記
  • ホームメイド
食の歳時記
春の恵み

雪解けの間から顔を出すフキノトウから始まり、タラの芽、山うど、ゴゴミ、こしあぶら、ゆきささ、わらび、ぜんまい等、志賀高原でほとんど採れます。キノコ類も都会では見られない大きさ!見応え、食べごたえです。近くの農家さんからいつも送っていただきます。そして5月はたけの子の季節です。ここ志賀高原は根まがり竹がいたる所にあります。収穫体験できますよ! 根まがり竹収穫体験とお料理はこちら

春の食材
夏の恵み

竹の子が終わると、志賀高原にも短い夏が訪れます。朝取りのみずみずしい野菜類は調理しないでそのまま食べたいほど美味しい。普通の野菜がひと味違います。山菜も目白押しでそこらじゅうで採れます。私たちも自家菜園を行い、お客様に少しでも新鮮でおいしいものをお出ししたいのです。

夏の食材
秋の恵み

次はぶどうの「巨峰」の季節です。これもおすすめ。そしてご存知「信州りんご」は種類がたくさんあり味もいろいろです。少し時期の遅い「フジ」はおいしいです。秋は収穫の季節!味覚はほかにもご紹介しきれないほどたくさんあります!

秋の食材